身の回りを眺めただけでも様々なサービスや商品の訴求が動画や静止画で行われていることがわかります。テキストだけではなく必ず複合的に訴求されていることがわかるのではないでしょうか。実際にこのようなコンテンツを制作するにあたってはプロフェッショナルだけが撮影から編集、企画まで行っているわけではありません。副業として静止画や動画を集め、それを組み合わせて利用していることも数多くあります。 
そこで、ビジネスとして副業でも静止画、動画を提供するような展開が多く出てくるわけです。クラウドソーシング経由で希望する静止画や動画の発注をかけ、手数料をクラウドソーシング事業者が通る形で納品を行います。プロフェッショナルと|があるのであれば直接のやり取りも可能ですがほとんどの一般の方はまずないと言えるでしょう。ですからクラウドソーシング経由で発注を受けることがメリットがあるのです。 
またこのような納品物に対してプロフェッショナルなスキルが必要なのではないかと疑問に感じる方もいるかもしれませんが、実際にはそんなことありません。最近のスマートフォンでは静止画でも動画でもかなりのクオリティーで撮影することができますので、一般の方々が簡単に撮影するだけでも問題なくクオリティーをクリアすることが可能になっています。
例えば不動産会社の物件の写真を見てください。実際にはこのような写真の数々は不動産会社が撮影しているわけでもなく、プロのカメラマンが撮影しているわけでもなく住民や近隣の方々が撮影の上投稿しているものがほとんどです。1枚そのものの単価は低いかもしれませんが数多く不動産の物件の写真を撮ることでそれなりの収入にはなってきます。もちろん撮影の条件があったり、クリアすべき点はありますが一般の方々が撮影するにあたってそれほどハードルが高いものでもないのが実態です。
同じように食事の風景やサービスを体験している風景、衣食住にまつわる体験を撮影したものなど本当に簡単に投稿できる形になっています。
ニーズがこれだけある以上、需要と供給のバランスも取れていますのでこれからもこのようなビジネスはどんどん広がっていくと考えられます。自分自身の撮影の能力などに自信がない方でもまずはいちどクラウドソーシング経由でこのような仕事を探してみてはどうかと思います。簡単に対応できることがわかるでしょう。そして自分自身にマッチした仕事を見つけ、副業にすることをお勧めしたいと思います。